なぜフレックスなのか?こちらをご覧ください…

今日の急速に変化する企業環境では、職場で遅れずについていくことが今まで以上に重要になっています。それではフレックスがどのように役立つかを見てみましょう。

投稿日:2020年09月10日
Flexible Workspaces at TEC

グローバルな動きに伴い、企業価値の変化と行動の変化により、職場で遅れずについていくことが今まで以上に重要になっています。世界で最も賢い事業がどのようにペースを設定しているかをご覧ください。

 

「新しい常識」によりオフィスとの向き合い方を考え直している企業もありますが、ほとんどの企業は、適切に構造化されたオフィススペースがビジネス、チーム、そして将来に提供できるかけがえのない価値であると再認識しています。現在の現実では、コスト削減戦略とリソース最大化こそ、賢い企業がフォーカスしている側面なのです。ダウンサイジングは必ずしも収益性を減らすことではないということを理解し、労働力の分散がデメリットではないようにオフィス仕様の多様化も必ずしもデメリットでは無いのです。エグゼクティブセンターを使用すると、これらの傾向はいくつかの仮説的なシナリオで理解する事ができます。これこそが「新しい常識」のオフィスに対する当社の見解です...

 

シナリオ1

200人の従業員を収容するために4フロアを借りている会社は、コアワーカーのために2フロアに縮小し、柔軟なワークスペースで補完することを検討するかもしれません。このコアとフレックスの組み合わせは多くの企業が採用するものであり、従業員に最適な作業方法を決定するための選択肢、柔軟性、自律性を提供します。

1.-hypothetical_real-estate-

シナリオ2

異なる市場で事業を行っている多国籍企業は、職種と人員ごとにポートフォリオを再構成するかもしれません。たとえば、多くのテクノロジー企業は、コアCBDで柔軟なリースを利用して、小規模なクライアント向けチームに効率的に対応しながら、バックエンドを中央の少ない一般的に経済的な地域に移転することを選択できます。分散型のポートフォリオは、リスク軽減と危機管理のメリットに加えて、幅広いオプションが可能になり、スペースがすべてのビジネス機能の正確な要件を確実に満たすようになり、企業にとって貴重なアセットになります。

2.hypothetical-situation-CBD

シナリオ3

フィールドエージェントとコンサルタント、事業開発、外部監査などの頻繁に出張を行う企業の従業員は、柔軟なワークスペースが提供する俊敏性を活用する事ができます。複数地点からのサービスオフィスコワーキングのメリットを組み合わせたスポークハブモデルは、移動時間を短縮するだけでなく、企業の設備投資コストも削減します。

3.-hypothetical-client-moving

シナリオ4

市場の変動性はチャンスをもたらす可能性もありますが、コストを最小限に抑えるためのサバイバルツールを必要とする予期しない状況である事は間違いありません。従来スペースでのダウンサイジングは、不可能ではないにしても高価です。しかし、柔軟なスペースでダウンサイジングを行う場合であれば投資を失うリスクがなくなり、移動間のダウンタイムが減少します。

4.-Office-Downsize

シナリオ5

事業が急速に拡大している場合、固定リースで契約しているということは、成長機会をサポートするために必要な人員を追加する事が困難であることを意味します。柔軟なリースであれば、プロバイダーネットワーク全体で単一のセンターまたは複数のセンターでより多くのスペースを取得する事ができ、効率的にスケールアップできます。

5.-Office-Upscaling

シナリオ6

従来スペースの不動産ポートフォリオに関連するリスク軽減手法は限定的です。柔軟なオプションにより、企業は小さなプライベートサテライトオフィスからコワーキングやバーチャルオフィスプランまで、製品をいつでも正確なニーズに合わせて解決する方法で組み合わせることができます。

6.-flex-social

ビジネスニーズに合わせてフレキシブルソリューションを調整する方法については、communications@executivecentre.comまでお問い合わせください。

Related Articles