ポストコロナ時代の柔軟なワークスペーストレンド-19

現在では在宅勤務が「通常の」労働トレンドになっています。しかしこの柔軟な働き方はポストコロナの時代でも続いていくのでしょうか。

投稿日:2020年05月28日
2pp-1400

半年も経たないうちに、私たちは世界経済とビジネス規範が大きく崩れる状況を目の当たりにしました。各企業は、このパンデミックの時代に適応する方法を見つけなければならず、世界中の人々は、自宅やソーシャルディスタンスを取って仕事をし、衛生面で行動を変えなければなりません。各企業が実施するこのような戦略が効果を発揮するようになった今、企業は資本と収益を取り戻すために長期的に事業運営を再評価する事になるでしょう。

 

パンデミックと職場

世界最大の在宅勤務実験とも呼ばれる世界的なロックダウンは、労働文化とワークスペースの傾向において避けられない動きであると多くの人に信じさせました。つまり、仕事はオフィス環境で行われなければならないという私たちの固定概念は、柔軟なワークスペースを使用する際の敏捷性と多様性を重視する新しいワークスペースのトレンドに対応するという形に変わっていくでしょう。労働人口の多くは、世界的ロックダウンにより新しいトレンドの経験を積むことができました。

 

このパンデミックがTwitter社、Facebook社、Square社による恒久的な在宅勤務ポリシー発表のような長期的な変化をもたらすかどうかはまだわかっていません。しかし、私たちがどのように協力して仕事をするか、オフィススペースが生産性にとってどれほど重要であるか、そしてオフィスの定義についてなど、企業全体の考え方に変化があったことは間違いありません。

 

事例を作る:リモートワークの賛成と反対

在宅勤務のビジネスモデルには、通勤時間の短縮、汚染レベルの低下、運用コストの削減など、多くの利点がありますが、長期間働く企業や従業員にとっては明らかな欠点もあります。

Advantages-of-remote-working_workspace-trend

 

デメリットの例としては、たとえば注意散漫や後回しなどの可能性が高くなることによる不安定な生産性が挙げられます。追加のロジスティクス、運用、および管理手順も、長期的に効果的に実装する企業の能力に影響を与えます。

 

Disadvantages-of-remote-working_workspace-trend

 

新しいワークスペース?

多くの企業がCOVID-19という前例のない課題に迅速に適応したため、チームのリモートワークを促進するために多額の投資を行い、事業継続計画を実施しました。新たに発見された作業モデルの恩恵を享受し始めた人もいますが、将来的な仕事には、従業員がリモートで仕事をすることを奨励すると同時に、作業を保護およびサポートするポリシーが必要になります。おそらく最も注目に値するのは、景気の減速により、短期的には、特に不動産などの高額商品に関連するコストを最小限に抑えて資本を回収しようとする企業が見られることです。

 

長期固定リースの削減は、世界中の企業が模索する重要な手段となるでしょう。たとえば、既存の不動産を柔軟なワークスペースで補完することは、実行可能な短期投資であるだけでなく、健全なキャッシュフローを維持するための効果的な長期ソリューションでもあります。その他の例としては、プロジェクトベースのチーム向けサテライトオフィスの使用、モバイル性の高い従業員向けのホットデスクオプション、多様な場所や環境タイプへのアクセスなどが挙げられます。これらはすべて、一部のメンバーがすでに柔軟なワークスペースのトレンドをポートフォリオに採用している例であり、将来的にはこれらがより主流の商業用不動産戦略になると予測しています。

 

Benefits-of-working-flexibly-in-the-long-term

 

仮説

シナリオA: 200人の従業員を収容するために4フロアを借りている会社は、コアワーカーのために2フロアに縮小し、柔軟なワークスペースで補完することを検討するかもしれません。このコアとフレックスの組み合わせは多くの企業が採用するものであり、従業員に最適な作業方法を決定するための選択肢、柔軟性、自律性を提供します。

 

シナリオB: 異なる市場で事業を行っている多国籍企業は、職種と人員ごとにポートフォリオを再構成するかもしれません。たとえば、多くのテクノロジー企業は、コアCBDで柔軟なリースを利用して、小規模なクライアント向けチームに効率的に対応しながら、バックエンドを中央の少ない一般的に経済的な地域に移転することを選択できます。分散型のポートフォリオは、リスク軽減と危機管理のメリットに加えて、幅広いオプションが可能になり、スペースがすべてのビジネス機能の正確な要件を確実に満たすようになり、企業にとって貴重なアセットになります。

 

シナリオC: 現場エージェントやブローカー、営業担当者、外部監査人などの頻繁な出張者で構成される企業は、柔軟なワークスペースが提供する俊敏性が、従来のオフィスモデルから運用するよりも有利である場合があります。複数の場所で構成されるサービスオフィスコワーキングの利点を組み合わせたスポークハブモデルは、銃御意ウインの通勤や出張を減らすだけでなく、在庫や備品に投資する必要性を減らすことで、企業の資本支出のコストを削減できます。

 

柔軟性のある未来

オフィスの在り方に変化が起きています。働き方は変わってきています。特に、私たちの仕事に対する考え方、どのように行われ、どこで行われるかが変わりました。未来のワークスペースは、前例のない予測不可能な課題に適応するために、機敏で用途が広くなければありません。「フレキシブルスペース」を含む不動産戦略は、リース期間、ワークスペースのサイズ、運用能力の柔軟性だけでなく、チームに提供できる柔軟性も意味します。企業がポストコロナ時代に前進することを選択した場合はいつでも、柔軟性を重視するワークスペースの傾向は必然的に見られるようになるでしょう。

Related Articles